カテゴリ: サイクリング

久しぶりにエバーウィンと一緒に。

偶然? たまたま?? 気が合って???


12月とは思えないほど良い気候、サイコ~です。

今年はまだ冬物グッズをテスト出来ないほどに暖かい。

プリマロフト素材のグローブとメリノウールのアンダーシャツを試すのが楽しみ。


景色は紅葉も見ごろで景色が良い。

イメージ 1

後続待ちの時間も寒くないと心地良い良い時間。

休憩は湖畔で。


イメージ 2

お疲れさまでした~~



カスタム ジョーブレーカー。

イメージ 3

お好みな感じに仕上がります。

さり気なくオーベストカラー。



明日 13日(日曜日)

クラブ忘年会の為に18時にて閉店致します。

冬こそサイクリングの季節。(・・夏が最高だけど・・)

妙にプロレーサーみたいにオフを取る人が多いですね。

日本はシリアスなレーサーが多いです。

そうなりたいという願望はあるのですが。。

ちょっと風邪で調子が悪かったのですが 復活しました!

イメージ 1

沖縄が終わった直後はトレーニング方法を変えなくては・・とか考えていたのですが自分らしくないのでやめました。

3日寝たら忘れるダメな奴のようです。


いや少しは・・考えます。


イメージ 2

やはりまたまたトライK。

沖縄を走っていてしっくりと来なかった。

前乗りがし難い。

特にサイクリングの時。

帰ってきてすぐに交換。

やはりこれです!



フィジーク サドルバック。

やはりフィジークが作るとちょっとお洒落。

イメージ 3

ちょっと質感のある丸型タイプ。

ベルト式でチューブ1本が入る小型タイプです。

サドル下にこの向きで取り付きます。


イメージ 4

機能的にはこっち。

チューブ2本と工具などが入る大きさ。

内部のサイドにはポケットもあります。

イメージ 5


ジッパーは防水でオフセットしている所が機能的にもデザイン的にも良いですね。

イメージ 6

タイプはどのタイプにも取り付くベルト式とフィジークのサドルに取り付けられるクリップ式。

フィジークのサドルに取り付けると

イメージ 7

すこぶるスッキリ君。

見た目も綺麗ですね!





雨でしたが・・・サイクリング。

意外にも沢山集まっていました。。

イメージ 1


野山を走ってきました。


イメージ 6



すっかりと秋っぽくなっていますね。

秋と言えば 夜長。

夜長を楽しむアイテム。

イメージ 2


寒い時などはヘルメットキャップが重宝します。

そしてこれは・・

イメージ 3


光を反射してメチャ光るんです!

頭が光るなんて斬新。

まるで電飾のようです。


イメージ 4

寒さを防ぐシューズカバーも・・・

イメージ 5

うわっ  眩しい 

光るペダリングをしてみては。

かなりおススメです。



明日はレース参戦のために店を休みます。

今日は面白そうなメンバーが集合。
 
ベルギー帰りのヒシヌマくん、TTやクリテでとても良い成績をあげていたクラバヤシ君などなど。
 
ナベさんは白の照り返しが眩しい新車で登場。(きっと10%増しで速いはず!)
 
大垂水はペースで走って最後はクラバヤシ君と2人になった。
 
やはり速いなぁ・・
 
 
雛鶴もナベさんが元気。
 
すぐにクラバヤシ君とナベさんと3人に。
 
途中から私の後方100mほどの所にクラバヤシ君が追う面白い展開に。
 
独走対決だなぁと楽しませて貰う。
 
ホームコースだから何とか追いつかれずにすんだ。
 
 
復路大垂水はヒシヌマ君が良い走り。
 
麓では後ろから3人追いついてきて5人に。
 
序盤でペースが合わなかったので先行させて貰う。
 
そのまま頂上通過。
 
後ろでは潰し合いがあったとか無かったとか・・・
 
 


 
やはりこのポンプは良い!!
 
イメージ 1
 
やはりホース式のポンプは使い易いですし力も入る。
 
イメージ 2
 
 
L字型にホースが着くので地面に当ててポンピングが出来ます。
 
これでバッチリ空気圧を高められます。
 
こう付くのって無いんですよね。
 
イメージ 3
 
これが良いのはホースを取った状態でもバルブに差し込めるのです。
 
もしもホースが壊れても入れる事が出来ます。(この前の事を思い出す・・)
 
便利!!
 
イメージ 4
 
 
自転車にも何気に合っている~!

雨の中で未知なる峠にチャレンジ。
 
知らない良い道を発見するとワクワクする。
 
イメージ 1
 
なかなかの勾配。
 
舗装がアスファルトじゃないですからね!
 
もはや上りよりも下りの方が難ありです。
 
ブレーキの効きも悪くてちょっと怖かった。
 
寒さで手が悴んでいたのもあって尚更。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ