ついに当日。

予報通りの雨。

もうやるしかない。

朝から入浴してからのホットパルムで身体を温める。

スタート間際は落ち着いて時間を過ごす。

イメージ 1


わざわざ遠くから応援&サポートに来て頂いた。

ありがとうございます。

スタートはイン側2列目と絶好なポジションにてスタート。

イメージ 4


雨は降り続けコンディションは悪い。

全日本選手権期間中に落車が連発した恐怖のダンロップコーナーへ。

出来るだけ車体を倒さないように旋回する。

早くも1人が単独落車。

何とか無事にクリアする。

そのままハイペースでコースが狭くなる作業道路へ。

急減速 コーナー 立ち上がりで一列棒状。

久々のハイレベルな展開にワクワクが止まらない。

作業道路はあまり滑らずコンディションは安定している。

ただグレーチングとマンホール、白線の嵐だが。

登り区間はそれほどハイペースでは無いが登り終わりかけの直線でペースが上がる。

刺激的!

イメージ 2


裏バック作業道路はかなりの速度が出て最初は手こずるが3周目ぐらいには慣れてきた。

問題はダンロップコーナー。

明らかに後輪が滑る。

実は前輪と後輪でタイヤを変えていて後輪が明らかに外れ。

グリップしない。

車体を倒さずに曲がっていても小刻みにスライドしているのが分かる。

そんなダンロップコーナーでとなりの選手が落車。

前輪を跳ねられるが奇跡的に体勢を立て直しリカバリー、ついてる?!

少し遅れた間合いを新城君と追う。

新城フォームをジックリ観察。

その後は何度も後輪が流れた。

パンクしているかと思ったが圧はしっかり入っている。

タイヤを変えたい!

そして6周回を完了。

集団は早くも半分以下に絞られていた。

ダンロップコーナーに向かって直線でブレーキをかけたら後輪が横滑り。

あっという間に地面に叩きつけられた。

真っ直ぐに走っていて落車してしまうと打つ手がない。

コーナーは最大限コントロールしていたつもりだったのだが。

しかも落車後も身体が滑り台のように滑っていき全く止まらない。

自分を止めるために足掻いたので全身キズだらけ。

何とか止めて、立ち上がり自転車とボトルを拾って再出走。

諦めたくは無い。

チェーンは外れていたが乗りながら直し走り出す。

まだサポートカー隊列を利用して集団復帰が出来るかも!

しかし運悪く登り返しとクネクネコースに入ってしまい全く車に付けない。

登り区間でサポートカーには追い付けたが集団は絶望的な距離に。

イメージ 3


こうして全て終了。

何も出来ずに終わってしまった。

せめて力尽きるまで走りたかった。


終わると同時に全身の傷口が痛み出した。

只今、歩くのも困難な状態に…


あっ ですが最後の展開に大興奮。

ヨコこと横塚選手がラストの3人逃げに入り最終局面に。

新城選手、入部選手と共にゴールまで。

そして全日本3位に!!!

泣ける展開でした。

おめでとう ヨコ。