今回はレースを走る側ではなく補助する側としてレースを客観的に見る事が出来ました。

そう言う目線も必要だなとこの仕事を受けさせて頂きました。



でちょっと気になった点をいくつか。

ここを直すと良いのになと思った事。


簡単な事編

キョロキョロとしない事。

妙に落ち着きのない方がいます。

絶えず左右後ろを確認。

これって本人は無意識なのかも知れません。

集団内で前から目線を放すと言う事は反応が遅れてしまいます。

人からは挙動不審に感じられて後ろに付くことに危険を感じます。

集団内でのキョロキョロは出来るだけ控えると良いと思います。

勿論 きついからと言って下を向くのは厳禁ですよ。

普段のライドの時から気を付けると良いと思います。

キョロキョロは普段からの癖と言う事が多いです。

私の知る限り。



ちょっと中級編。

コーナーの立ち上がりとかでちょっと前走者から離れてしまったからと言って焦って間を詰めない。

ゴール前とかでない限り心に少し余裕を持ちましょう。

一番怖く感じたのが焦った上に力み過ぎてハンドルにガチガチにしがみ付く、もしくは腕が硬直してしまっている方。

これでハンドルに余裕が無くなり接触落車 結構多いです。 

上半身にも少しの余裕をですね! (硬直 これも癖・・)


集団内での前後移動は最小限に。

ちょっとスピードが緩んだからと言って集団内の前後位置を複数名の走者が移動すると集団はとても危険な状態になります。

意味の無い前後移動はやめた方が良いです。

急激に左右移動はもっと厳禁です。

いくら人が居なくても1m横は自分のスペースでは無いです。

気を付けて移動  デス!


昨日の大会はドクターヘリが出動しなくてすんだと主催者の方々は喜んでいました。

がしかし落車は私が見ただけでも4回ほどありました。

どれもかなりのイージーミス。

難しい事は別として簡単な事 前を向くや焦らないって事は出来る事だと思います。


少しでもトラブル減らせたら良いですね。



イメージ 1