色々な部品や自転車に乗れる機会があるのは本当に幸せな事。
 
使い気は無いけれど乗って見たいってありますからね。
 
 
新しいスラムはどうなんだろう?
 
正直、ダブルタップシステムはあまり好みではない。
 
 
まず一番良いと思ったのが意外にもブレーキキャリパー。
 
イメージ 1
 
一番期待していなかった。
 
ブレーキはシマノしかないって思っていましたから。
 
このブレーキはとても制動力がある。
 
ガツッと効いてコントロール性もとても良い。
 
実に絶妙。
 
そしてここ。
 
イメージ 2
 
リリースレバーが横に動き走行時でも簡単明確に操作できる。
 
選手などは雨の日などブレーキシューが大幅に減る場面ではここで調整する場合が多い。
 
そんな時にこのタイプはやり易い。
 
おまけに上の調整ボルトもとても回し易い。
 
ここはシマノもだいぶ良くはなったがまだまだやり難い。
 
ここの作り込みは流石。
 
 
フロントディレイラー。
 
イメージ 3
 
新機構でだいぶ、いやかなり良くなりました。
 
まあこれで他社と比べて普通になった。 (前のは酷かった・・)
 
駆動系はとても普通になった。
 
ここの性能が凄く良くても操作するレバーがガチャガチャだと良いのが伝わらない。
 
イメージ 4
 
レバーはとても握り易くなっており、レバー裏に指が3本入るスペースはたまらなく良い。
 
下ハンでレバーがとどき難いのは相変わらず。
 
DI2に慣れるとこのレバーでも太く感じる。
 
イメージ 5
 
レバーフード内側のこのフィットしていない所があるのは変わっていない。
 
どうにかならないだろうか?? (とっても気になります)
 
 
とても進歩しているのがハッキリと分かる個性派のスラムパーツ。
 
これからどう変わっていくか楽しみです。
 
 

 
ミックス。
 
イメージ 6
 
前 40C 後 SLR
 
前後で使かっても性格の違いがハッキリと出る。
 
キビキビ 40C と マッタリ SLR。
 
レースは40C、ロングライドはSLRって感じ。
 
2014年度はSLRが無くなってしまいます。
 
でもやっぱSLRは使い易いです。
 
 

 
夏野菜。
 
 
イメージ 7
 
 
なんか夏を思わせてくれる光景。
 
とても綺麗。
 
イメージ 8