2015年07月

キャノンデールの来年にリリースする気になったアイテム。

イメージ 1



チューブが発売されます。

普通に使える普通のチューブです。

イメージ 2



キャノンデールのロゴ入り。

そしてバルブは黒。
黒は良いですよね。

イメージ 3



そしてキャノンデールらしくグリーンのバルブキャップ。

Cロゴ入りです。


イメージ 4



同じくグリーンアイテム。

サドルバッグもグリーンが新登場。

外に小物ポケットがあり、すぐに出したい携帯ツールなどが入れられます。

中にもポケットがありチューブとタイヤレバーが分けて入れられます。


イメージ 5



入れるタイヤレバーはこれとかが良いかも?!

絶妙なカーブが使いやすくさせています。

二本纏まるのもいいですね。

グリーン尽くしです。


イメージ 6



ついでにボトルも…

選手の自転車は宝の山。

興味深い物が沢山ありました。

中には書いてはいけない物まで…

アダム ハンセンの自転車は個性的。

イメージ 1



シートピラーの素材か一人だけ違います。

極端なポジション二ングを再現するためと思われます。

イメージ 2



超前乗り。

自作のカーボン部材にヤグラを止めたような手作り感満載。

ちなみにヤグラはトムソンぽいです。

イメージ 3



しかもステムは70度 150mm?

高低差いくつなんだろう。

イメージ 4



ちなみにタイヤはコンチ チューブラーのプロトタイプでした。

太さは25C。

やはり25Cが多かったです。

さわった感じは意外にもツルツル。

コンチ特有の新品の表面コーティングが取れてませんでした。



時差ぼけ 雛鶴練。

だいぶ回復してきました。

高強度な走りは久しぶりで辛かった。

まあ常時ツキイチでしたが…

何となく…やられてます。

夜眼が覚めてから寝られず、睡眠時間が3時間ほど。

昼間は恐ろしくダルい。

2日連続です。

自転車を乗るのも辛いのですが浮腫みも酷かったので少し乗ってきました。

イメージ 1



300Wまで上げるのがやっとでした。


イメージ 2



SKODAキャップ。

ツールの沿道で応援している人が沢山かぶっています。

良くみると沿道はグリーンです。

レアアイテム?


同じグリーンで。

イメージ 3



グリーン限定クリート。

無くなり次第終了です。

時差ぼけで全く寝れません。

身体は疲れてボロボロですが。。


昨晩のツールコースがエタップコースでした。

ニーバリが優勝しました。

ゴールタイムは私より約一時間速かったです。

凄いです。

イメージ 1



最初の一級山岳を越えてからの先頭集団。

イメージ 2


イメージ 3



それからの超級山岳。

イメージ 4



千切れて始め…

まだ先頭は見える範疇。

イメージ 5



山岳ポイント。

そして上り返し。

イメージ 6



以外とここもキツかった。

イメージ 7



ここからが絶景の下り。

イメージ 8



路面も景色もコーナーも最高。

イメージ 9



鼻歌まじりに♪

イメージ 10



この後は2級山岳を越え、最後の1級山岳をこなしてゴールへ。

イメージ 11


イメージ 12



ゴールは超感動的でした!!

イメージ 13


イメージ 14



ウルウル…

走ってからプロが走る映像を見れる楽しみがあり、2度美味しいイベントです。

一生に一度は走る価値のあるイベントだと思います。


ついに最終日。

アヌシーの街ともお別れ。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



ディズニーシーのような街でした。

朝に一時間半ほど乗り終了。

その後はショッピングタイム。

最後の昼食をアヌシー湖畔で。

イメージ 4



本当に最後ですね。

ジュネーブの空港に移動して帰路へ。

とてもとても充実したフランス旅でした。

イメージ 5



今回の旅を企画サポートして下さったマビックスタッフの方々、現地マビックチームの方々、同行して頂いたO2の品田さん、とても良い旅になりました。

ありがとうございます。

また行きたいです。

イメージ 6





↑このページのトップヘ